好きな服はどうしても取り入れたいけれど…

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

未来を変える服を見つける

渋谷のファッション心理セラピストの冨山敬子です。

 

お客様のご感想を掲載します。

 

【20代 秋・キュートタイプ】

 

先日は本当にありがとうございました。とても楽しく勉強になるお話ばかりでした。

たくさん質問して時間もオーバーしてしまって、申し訳ありません。

 

先生がお話しくださった内容を参考に、クロゼットで眠っている服の再検討をしています。

今の私ではどうにもできないというものは手放すかもしれませんが、

PCやPDに合わない服でも、せっかく気に入って買ったものですし、

アクセサリーや他のアイテムも合わせた着こなしや色、メイクで調整をするような感覚で

大事に着てあげたいと思います。

 

さっそくですが二点質問があります。
1. 「左右対称・規則性のある細かい柄」はグレースタイプの特徴で、

対極にいるキュートとしては「非対称で変則的な柄」を、というお話でしたが、

対称で規則性のある柄でも、完全な無地よりはまし、ということはありますか?

(例えばギンガムチェックや、均一な太さのリブニットなど)

やっぱりどうしても、大好きなレースは大きさや対称・非対称を問わず取り入れたいなと思うのです。

 
2. 思い返してみると、同じキュートでもアバンギャルドとガーリッシュでは

結構イメージが違うと感じました。

自分自身ではガーリッシュ寄りかな、と思うのですが、

先生の印象でどれに寄っていたなというのはありますか?

色のようにセカンドがあるとか、キュートのうち三種類すべてを跨いでいるということもあるのでしょうか?

 

既に持っている服を大事に、と言いつつも、それらを最大限生かせるアイテム、柄、ギミックを研究中です。

お返事も自分で考える糧にしたいと思います。

お忙しいところ恐縮ですが、お返事いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

 

----------------------------------------------
 

パーソナルカラーやパーソナルデザインに合っていない服は、それを買った理由が必ずあります。

なぜそれを買ったのか、そこが理解できればいいのです。


たとえば私は秋タイプですが、黒のグレースタイプの服を選んでいました。

それは裏返せば「しっかり者に見せたかった自分の自信のなさ」の裏返しです。

ときにはフリルのある甘いフェミニンタイプの服を選んでいました。

それは「ミスをを許してもらえるだろう」という怒られたくない気持ち、つまり自己防衛です。


そういった自己分析をしていくと、なぜレースが好きなのかが解明できます。

レースが好きなのは問題ありませんし、好きなものはどんどん着てしまえばいいのです。

ただ、「好き」の根本的な理由が、本当に好きなのか、何かの理由が潜んでいないか、それを考えてみてください。

ファッションと心は繋がっています。

とても奥深いものなのです。


質問の回答として、

レースが大好きなんだから、着ることは何の問題もありません。

レースが合っていないということはありませんし、そもそも非対称のレースを探す方が大変です。

キュートは非対称しか着てはいけないということではありませんし、

対象を着てはいけないということでもありません。

何を着るかではなく、どう着るかが大切です。

一つひとつのアイテムでキュートのデザインを探すのではなく、

トータルでキュートの装いに作り上げてください。

ミクロではなくマクロで考えましょう。

メイクも、髪もアクセも靴もバッグも総動員で。

特にキュートは小物がとても重要です。

小物使いの達人になりましょう。


キュートは3つのタイプがあると説明しましたが、どれかに限定するものではありません。

要するに少し変わっているデザインを選びましょう、ということなので、厳密に捉えなくて大丈夫です。

アバンギャルドの吉高由里子さんがものすごくエッジの効いた服を着ているわけではないですし、

ガーリッシュの千晶さんが、レースたっぷりの甘い服を着ているわけでもないですし、

ボーイッシュの安室奈美恵さんがいつもショートパンツを着ているわけでもないですよね。

だけど、誰もが普通のシンプルな服ではなく、どこか個性的なものを選ばれています。

普通の服の場合は何かしら工夫されています。

そしてそっちの方がしっくりきます。


そんなに難しく考える必要はありません。

自分の内面に合った外見に整えること。

自分にどんなラベルを貼ればいいのか、時間をかけてゆっくり考えてみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2018年2月26日発売『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

料金はこちら

予約状況はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| お客様の声(質問) | 08:26 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH