<< オンとオフを分けてみる | main | オンは自分を高みへと連れて行ってくれる服 >>
クローゼットの中身と質とは無関係

ご訪問ありがとうございます。

 

心理カウンセラーの資格を持つ

渋谷のファッション心理セラピスト冨山敬子です

自己紹介はこちら

 

あなたのクローゼットの収納率は何%ですか?

 

服がたくさんある方が安心でしょうか?

120%、そんな人も中にはいらっしゃるでしょう。

 

冷静になってみるとわかりますが、

クローゼットが一杯になっていることに満足しているに過ぎず、

クローゼットの中身と質とは無関係です。

 

たくさん服があるのに着て行く服がない。

クローゼットの前で迷ってしまう。

それは今日でサヨナラしましょう。

 

使いやすいクローゼットにするためには、服をカテゴライズすること。

圧倒的に使いやすくなります。

それが質を上げるということです。

 

クローゼットの質を上げるには、

手持ちの服のテイスト分類が必要になります。

収納雑誌に見るようなアイテムごとに分類する方法では、

確かに見た目はキレイかもしれませんが、

一つひとつのテイストがどこに該当するのかを

しっかり見極めていないと使いづらいのです。

 

デパートに行くとわかりますが、

ディスプレイはアイテムごとではなく、エリア別分類になっています。

 

.侫ーマル

▲┘譽ント

カジュアル

 

おおまかに分けるとこの3つです。

そのエリアの中で、アイテムごとに分類されています。

これがきちんとわかれていることで素早くコーディネート提案ができて

合わせたときにチグハグ感が生まれずに済むのです。

 

これは料理でも同じです。

調味料で考えるとわかりやすいですね。

和食、中華料理、エスニック、イタリアン…調味料が異なります。

ごっちゃになっているよりも、それぞれ固まっておいてある方が使いやすいです。

 

だから、クローゼット収納も同じようにテイスト分類します。

テイストの分け方は自分のやり方でOK!

 

下のテイスト分類に従ってお手持ちの服のポジショニングマップを作ります。

手持ちの服がどこらへんに位置するか分類していきます。

 

 

同じテイストであれば、チグハグ感が生まれません。

あとはエリア別に収納して、サッと取り出して選ぶだけ。

 

ここで、オシャレ上級者はテイスト分類を超えた着こなしができます。

わかりやすい例で行けば、Gジャンはベーシックカジュアルなアイテムです。

でも、エレガントなワンピースの外しにも使えますね。

こちらも料理と同じで、イタリアンに隠し味として醤油を使うのもアリですね。

 

もし、そもそもテイスト分類が分からない人は、

デパートで、どんなデザインがどこのエリアに置いてあるかよく見てください。

 

定番デザインなのか流行を取り入れたモード系なのか。

カジュアルなのか、エレがントなのか。

 

次にデパートに行くときはそんな視点でも服を眺めて見てください。

勉強になりますよ。

 

 

1日1回 「夢が叶う」と「幸せな結末」 ワンクリックお願いします ↓

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 ファッションブログ パーソナルスタイリストへ


こんな記事をやってほしいというリクエストがありましたら

メッセージもお気軽にくださいね。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入はこちら『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

 

まもなくHPをリニューアルします。

それに伴いブログのURLが変わります。

 

料金はこちら

予約状況はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| 日々雑感 | 14:53 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH