<< ヤング≒アダルト | main | <10月>予約状況のお知らせ >>
見られているという意識が人を美しくする

ご訪問ありがとうございます。

 

映画や本からファッションと心理を研究している

渋谷のファッション心理セラピスト

冨山敬子です。

自己紹介はこちら

 

 

浴衣で銀座を歩く「銀ぶら」をして参りました。

 

(30年前に母が買ってくれた浴衣。初めて袖を通しました)

 

 

はじめは気恥ずかしかったものの、

みんなと一緒だと慣れてきて楽しくなっちゃいました。

外国人の方から何度も撮影依頼があって、

どんどん笑顔も板に付いて、すっかり女優気取り♡

 

浴衣姿 総勢6人で歩いていると目立つんですねー。

銀座大通りに入った途端、

NHK、日テレ、フジのテレビクルーに声をかけられました。

 

 

(3つのテレビクルーからインタビューを受けました)

 

 

どうして私たちに声をかけたのか聞いてみると

 

「浴衣だと目立つので声をかけやすいんです。

みなさん美人ですよね。

やっぱり楽しそうだと声をかけたくなります。

先ほども別のクルーも声をかけてましたよね。

目に留まるんです」

 

「目に留まる人になる」ってとても大切なことですね。

 

誰にも気付いてもらえないのは寂しいですもの。

お天道様は見てくださっている…のかもしれませんが、

やはり誰かに認めてほしいと思うのが人間の性。

承認欲求は誰でも持っています。

だからこそ、正統な評価、適正な評価が欲しいと願うのです。

 

悪目立ちをして目立っているのではなく、

「あ、綺麗な人。なんか楽しそう」

 

人は綺麗、美しい、楽しそう、面白そう…心が動くところに集まります。

 

浴衣を着て集団で立っているだけで、人の視線を強く感じました。

ボーっと立っているだけなのに写真を撮る人が大勢いて、

 

私たちもだんだんと立ち姿や振る舞いを意識するようになりました。

 

背筋を伸ばし、爪先も揃えて、手先も揃えて、仕草も美しく見えるように。

笑い方も「ガハハ」ではなく、「うふふ」に。

 

見られているという意識が人を美しくするのだと身を持ってわかりました。

 

 

(オシャレなイタリアンレストラン)

 

 

そして、もう一つわかったのは「人が親切にしてくれること」

どこでも一目置かれ、優しくしてもらえました。

それはとても嬉しいことで、こちらの笑顔も自然と優しくなります。

お互いにハッピー♡

 

楽しい楽しい一日となりました♪


 

1日1回 「夢が叶う」と「幸せな結末」 ワンクリックお願いします ↓

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 ファッションブログ なりたい自分ファッションへ


こんな記事をやってほしいというリクエストがありましたら

メッセージもお気軽にくださいね。

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入はこちら『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

 

料金はこちら

予約状況はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| 日々雑感 | 16:13 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH