<< レンタルドレスサロンでカラー診断♪ | main | なりたい未来を言語化する >>
エグゼクティブの証

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

望む未来を早く手に入れる服をお教えします。

渋谷のファッション心理セラピスト冨山敬子です。

 

昨日は有名企業の社長様のショッピング同行でした。

次の会議への移動途中ということで鞄をお持ちのままいらっしゃいました。

 

すかさず私が「お持ちします」とお声掛けしますと、すっと差し出されるんですね。

それがためらいなくすっとお出来になる。

これって実はサービスに慣れていないと出来ないんです。

 

私はショッピング同行のときにお客様の鞄をお持ちしております。

しっかりお洋服を見て触っていただきたいので、

お客様の両手を空けていただくのが目的です。

 

 でも、ほとんどの方が抵抗を示されます。

「重いから」「悪いから」なかには「汚いから」と言って頑なに断られます。

私が少しの間でも持とうものなら、「重くてごめんなさい」と言われます。

 

ホテルに宿泊するとベルボーイが「荷物をお預かりします」と声をかけてきますね。

このときにスマートにすっと渡せるかどうか。

とても大切なものが入っているというなら別ですが、断るのはスマートではありません。

映画『オーシャンズ』でも、アタッシュケースを自分で持つ、そんなシーンがありました。

自分で持つのは異例なのです。

 

サービスを抵抗なく卑屈にならず、嫌味なく鷹揚に構え受けることが出来る。

そしてサービスを受けた後は、これまたさらりと「ありがとう」と一言。

それだけでこちらは満足なのです。

 

スマートさは一朝一夕に身に付くものではなく、

日々の行動、経験や習慣によって形成されるもの。

それがエグゼクティブの証しの一つと気付きました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2018年2月26日発売『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

料金はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| 日々雑感 | 13:15 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH