<< 自分ひとりでは選んで頂いたような思い切ったデザインのものにはたどり着けなかった | main | あなたの魅力の伝わる服がどんな服かを知って欲しい >>
【夏・グレース】訪問着の選び方

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

毎日が楽しくなる服を見つける

渋谷のファッション心理セラピストの冨山敬子です。

 

夏・グレースタイプの方から訪問着の選び方について質問がありました。

 

<お客様>

ぜひ訪問着のアドバイスをいただけたらと思います。
「古典柄」が良いとの事でした。
今月40才になるので、訪問着を着て出かけたいなと思い、
調べてみたのですが、やはり着物となると特に判断が難しく感じます。
どのような柄が良いかいくつか例を挙げていただだけると大変有難く思います。
 

<とみやま>

訪問着ですね。
いいですねー。
着物が似合うタイプですから、ぜひ、いろいろなところへお出かけしてくださいね。

パーソナルカラーが夏タイプなので、地の色はもちろん夏色。
柄は水彩画のように、淡いグラデーションに見えるもののほうが高級感があるように見えます。
柄が目立つものや地の色が二色になってはっきりしているものは安っぽく見えてしまうことでしょう。

ただ、洋服とは違い、着物というのは格がありますので、色や柄を外しているからといって似合わないということはありません。
帯や帯揚げ、半襟の合わせ方によって妙味があります。

反物でお求めの場合は、色と柄でイメージするしかないのですが、もし、袖を通せる場合は、必ず試してみてください。
いいなと思うものはすぐわかります。
着物は洋服と違い、体を覆う面積が広いので、しっくりこないなというのは肌感覚でわかります。

参考画像を添付しますね。
赤い丸を付けているものが調和すると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2018年2月26日発売『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

料金はこちら

予約状況はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| お買いもののコツ | 12:54 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH