<< クールにまとめる憧れのスタイルが似合うなんて、うれしいです | main | 出会ったことのない輝く自分を発見することができました >>
知識(情報)は行動することで、知恵(スキル)となる

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

未来を変える服を見つける

渋谷のファッション心理セラピストの冨山敬子です。

 

「変わりたい」そう思ったことはないですか?

 

でも、一足飛びに「変わる」ことはできません。

 

「変わる」ためには、

階段を上がるように一段階ずつステップアップすればいいのです。

 

第一段階「知る」

第二段階「わかる」

第三段階「できる」

最終段階「変わる」

 

さあ、説明していきましょう。

 

現代において、何かわからないことがあれば指一本でなんでも検索できる時代です。

そこで得た知識(情報)を見聞きすれば、わかったような気がします。

それはテレビの情報番組と同じで、

例えば、5分でできる運動も、お手軽ダイエットも、

その場では、あたかもわかったような気がしますが、

実際に行動する人はほとんどいないでしょう。

ましてや継続する人がどれだけいることか。

「知って」いても行動しなければ「知らない」のと同じです。

「わかった」つもりであって、何も「変わっていない」のです。

 

何かわからないことがあって、何らかの答えを知ったとして、

それは「知る」の第一段階に過ぎません。

 

その理由を自分の頭で考えると「わかる」の第二段階に進みます。

「あ、わかったー」と言って喜んでいるだけ、

「わかる」で留まっていては、変わることはできません。

 

その次の「できる」の第三段階に進むためには、行動することです。

行動することで得た知識(情報)は知恵(スキル)になります。

 

さらに、その次の「変わる」の最終段階に進むためには、

身に付けた知恵(スキル)を使って、行動し続ける必要があります。

それまでの経験値から、自分に合うように微調整したり方向修正しながら、

ようやく自分だけの答えが見つかります。

 

つまり、得た知識(情報)が重要なのではなく、

自分の体験を通していく中で気付いたことが大切なのです。

それが知恵(スキル)となり、やがては叡智となるのです。

 

似合う服の知識(情報)を得ただけでは「変わる」ことはできません。

試着するだけでは着こなすことはできません。

何度も着ること、

いろいろな着方にトライしてみること、

考えてもいなかった組み合わせで着てみること、

靴もバッグもメイクもとっかえひっかえ、

それらのたくさんの経験(練習)をすることで初めて服が自分のものになっていくのです。

 

ファッションの知恵を使って、自分スタイルを作り上げてくださいね。

そのためには一つひとつ行動(実践)し、経験値を積み上げるのみです。

 

あなたの「変わる」ステップをお手伝いいたします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2018年2月26日発売『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

料金はこちら

予約状況はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| 日々雑感 | 00:07 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH