<< これからは自信もってグレースファッションを楽しみます | main | 私の行動を言い当てられたりしてフェミニンなんだな、と納得しました >>
リストラクチャリング 再構築します!

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

未来を変える服を見つける

渋谷のファッション心理セラピストの冨山敬子です。

 

昨年セミコンに出場したご縁で、
ファッションプロデューサーのしぎはらひろ子先生と出会い、
しぎはら先生の圧倒的な知識と経験に触れる機会を得ました。
私はもともとファッション業界の人間ではありません。
これまでイメージコンサルタントとして活動して参りましたが、
さらに精進すべく、ファッションの歴史、ファッション潮流、
服飾戦略について、基礎基本から学ばせていただくことになりました。

 

しぎはら先生から「ファッションの智恵と力」を学び、
みなさまに伝授すべく、さらなる研鑚をいたします。

 

【服飾戦略スタイリスト養成講座】
これまでの内容は5月末を持って終了し、再構築して、
「ファッション心理セラピスト冨山敬子」として生まれ変わります。

 

私の書籍を読んでくださった方はご存知と思いますが、
パーソナルデザインの呼称はパーソナルスタイルと変えます。
洋服のデザインに留まりません。

 

私の考えるパーソナルスタイルとは、唯一無二の自分という在り方です。
スタイルが確立されると自己表現がぶれなくなります。
それをファッションで表現できるよう、オシャレや流行ではなく、
「自分は自分」「他人は他人」と思えるように
自分の自信に繋がる外見に整えられること。
外見は第三者に与える視覚情報です。
外見は常に中身と連動しています。
すべての衣服は言葉を持っています。
そのためには、なぜこの服なのか、なんのためにこれを着るのか、
○○だからこの服を選ぶという、
服選びの軸がしっかりしていないと選べないです。
服選びの軸は自分軸と同じです。
まずは自分のポジショニングマップを把握することから始まります。
そのポジショニングマップ作りのお手伝いをするのが私の役割です。
そのための手段として私は心理学を用いながら見つけていく、
ファッションと心理を融合させた
ファッション心理セラピストとして活動します。

 

自分は自分、他人は他人と心から思えるようになると
他人目線は気にならなくなります。
バッチリ合った服を着ても着なくても、
「私はわたしのままでいい、自分が好き」と思えるようになります。
本当に大事なのは自分に気付いて自分を認めることで、
オシャレや流行を追い求めるファッションではないこと気付くことでしょう。

 

「Self Reliance (セルフ リライアンス)自分に頼る」
あなたに必要なことは すべてあなた自身に備わっています

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2018年2月26日発売『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

料金はこちら

予約状況はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| 初めての方へ(ごあいさつ) | 10:34 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH