<< 頬の赤みやそばかすなど欠点も隠してくれるなんて! | main | 自分でもしっくりくると分かりました >>
自己表現のために外見を整えることの必要性を感じました

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

未来を変える服を見つける

渋谷のファッション心理セラピストの冨山敬子です。

 

お客様のご感想を掲載します。

 

【20代 冬・グレース・フェミニンタイプ】

 

先日はありがとうございました。

他所のサロンで夏と診断されてから

夏のメイクや服を試したのですがしっくり来ず、ずっと悩んでいました。
今回冨山先生に冬と診断されて、憧れの冬色が着られる喜びでいっぱいです。

手持ちの服を活かしつつ、濃い色のものも取り入れていけたら思います。

パーソナルデザインはフェミニンだと予想していたので、

パーソナルカラーに引き続き驚きました。
かっちりとした服装が好きなのですが、

グレースということで自身を持って着られます。

今までなんとなく似合う、似合わないと思っていたことがはっきりと言語化されて、

すっきりしました。

自分のイメージする私と周りから見た私のギャップに悩んでいたのですが、

冨山先生のお話を聞いて自己表現のために外見を整えることの必要性を感じました。
いただいたアドバイスを元に、髪型や服装などを冬グレースらしくしていきます。

本当にありがとうございました!

 

----------------------------------------------
 

好きな冬タイプで良かったですね。
これからは思う存分、大好きな冬色を着てくださいね。
きっと心から自信が持てると思います。

パーソナルデザインも予想と違っていたのですね。
自分のことを客観視するのは難しいものですよね。
でも、自分の内面に向き合ってみれば納得の結果と思います。

理性でそんな服を着てはいけないとか、
世の中に出回っているいろいろな情報に振り回されているだけで、
本来は好きなものと似合うものは同じのはずです。

言語化すると、あやふやだったものが明確になってきますよね。
なんとなくだったものが、絶対的な似合うになります。
それが少しずつ自信へと変わっていきます。
そうなると周囲の反応も変わってきます。
そのうちにそれが当たり前になり、
自他ともに認める本当の自分らしさになるでしょう。

「自己表現のために外見を整える」
その通りです。
ファッションはその人の生き様を表しています。
自分が何者であるかを第三者に示すものです。

外見は言葉よりも雄弁に語ります。
だからこそ、外見を整えることはとてもとても重要なのです。

これからの人生が輝きに満ちたものになりますように。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2018年2月26日発売『ダメなのは自分じゃない。服の選び方だった!

料金はこちら

予約状況はこちら

HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問合せ・お申し込みはこちら

| お客様の声(感想・グレース) | 22:58 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH