白なのに肌がくすむ?

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

あなたの魅力の引き出す

イメージコンサルタントの冨山敬子です。

パーソナルカラーが夏のお客様。
職業上、毎日白衣を着るので、特に顔のくすみが気になると仰っていました。
他所で診断されたのは春。
でもオレンジメイクが合わないので、自己判断でブルーベースとは思うけれど、
かといって白衣も合わないし…
ということで診断にお越しくださいました。
余談ですが・・・
一般的に白は肌を明るく見せると言いますが、
これはすべての人に当てはまるわけではありません。
青を感じるくらいの真っ白が肌に馴染むのは冬の人だけです。
真っ白は、それ以外の季節の人にはマッチしないのです。
「白は肌を明るくする」
確かにそうですが、白ならどんな白なのか、ここが大事なポイントです。
------------------------------------------

<お客様>

パーソナルカラーが合うとたいして化粧も備品も要らず顔がくすみませんね。

特に年齢が進むとこの差が歴然です。

冬色、白衣着てもくすむくらいだから本来難しい色なんでしょうね。

教えて頂いたように、顔周りには白かパステル、ライトグレーを守るようになってから、顔色がくすまなくなりました。
黒のブラウスやセーターはヤフオクに出しました。

しかしどうしても処分できない、冬色のブラウスがあります。
こっくりしたボルドーと紫色のブラウスです。

気に入って着るのですが、やはり顔色がくすみます。

こうした色を顔周りに持ってきても着れる術ってありますでしょうか?
お時間ある時に教えて頂ければ幸いです。

 

<とみやま>

ボルドーと紫色のブラウス。
濃い色が苦手ですものね。
顔回りに持ってくると、当然ながらレフ板と同じ役目なので顔色がくすんで見えます。
それを解消する方法は、
一番目は夏色のメイク。
特に口紅です。夏色の口紅を付けることで瞳の輝きが増すので、顔色のくすみを若干やわらげることができます。
次にチーク。こちらの力も大きいです。
そのほかアイブロウ、アイシャドーですね。
二番目はアクセサリー。
お仕事中は難しいかもしれませんが、ピアス、ネックレスは効果があります。
あとブローチとか。
こちらは錯視効果です。
三番目はストールやスカーフ。
首回りに明るい色を持ってくるといいですね。
そのほかには冬色の分量を減らす事がポイントです。
ブラウス一枚で着るときは難しいですが、羽織ものを夏色にするといいですよ。
文章にすると、まどろっこしいですね。
1.メイク
2.アクセ
3.ストール
トライしてみてください。
多少は気にならなくなると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

<今後のイベントスケジュール>

2月19日 ランチ会 (受付中)

2月20日 ミニレッスン(受付中)

3月5日 ワンピースイベント(受付中)

3月19日 ランチ会(お子様連れOK)(受付中)

3月開講予定 魅せ方講座

 

コンサルタント料金はこちら
HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる

資料請求・お問い合わせ・お申し込みは、こちら

| お客様の声(質問) | 08:32 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH