エディ・レッドメインさん パーソナルデザイン【グレースタイプ】

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

あなたの魅力を最大限引き出すファッションをご提案する

イメージコンサルタントの冨山敬子です。

 

映画『リリーのすべて』を観ました。

http://eiga.com/movie/82988/

1930年、世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベの半生を基に描かれた実話。

 

じわじわと苦しくなってしまいました。

ああ切ない。誰が幸せだったのかしら。幸せだったのはリリーだけ?

あの時代、自分らしく生きるのはかなり難しいことだったと思われます。

いや、性同一性障害という言葉は周知の事実になりそうではあるけれど、

完全に理解できているとも思えません。

少なくとも私は、もし夫がそうなら無条件に応援するゲルダになれるか自信はありません。

ブラウン管を通して遠い存在だから認めることができるのであって、

当事者になれば戸惑うのは容易に想像できます。

ありのままを認めるとはどういうことなのか、立ち止まって考えさせられる映画でした。

 

それにしても主役のリリーを演じた英国俳優エディ・レッドメインさん。

文句なしに美しかったです。

アイナー役の当時の襟の高いシャツがしっくり嵌ること。

オーソドックスでクラシカルな正統派の装いが嫌みなくバシッと決まるあたり、

さすが英国きってのジェントルマン。

エディ・レッドメインさんのパーソナルデザインはグレースタイプ。

品があって上流階級の雰囲気が漂っていました。

演技も計算され尽くして一部の隙もない、そんな印象を受けます。

エディは、ベストドレッサー賞も受賞したことのあるトラッド派のオシャレさん。

 

マリリン7日間の恋』にも出演されています。

エディなら、マリリンと密室であっても決して何もなかっただろうと信じることができます。

マリリンの僕として、任務遂行したでしょうね。

そう思わせるのは、やはりグレースタイプだから。

あの配役は適任でしたね。

 

何を隠そうエディは、『イエロー・ハンカチーフ』に出演していた頃からファン♡

やっぱりグレースタイプ、密かに好きです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<関連記事>
パーソナルデザインの種類


コンサルタント料金はこちら
HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる
資料請求・お問い合わせ・お申し込みは、こちらinfo@imageup.mods.jp

| 有名人の例(グレース) | 12:03 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH