ダイヤにはプラチナとホワイトゴールドが合いますが…
一昔前の婚約指輪といえば、立て爪の一粒ダイヤにプラチナが定番でした。
確かにホワイトダイヤは、パーソナルカラー冬に属する石なので、
地金はプラチナやホワイトゴールドのシルバー系のほうが断然マッチします。
これは事実です。

指輪の単体で見たときの美しさは、ホワイトダイヤ+シルバー系の方が勝ります。
芸術品や眺めるだけのコレクションであれば、そしてダイヤの透明度が高ければ高いほど、
その方が価値があるし、見え方も違いますし、高級感も増すでしょう。
なので、高級ジュエリー店の婚約指輪はホワイトダイヤ+シルバー系がほとんど。
地金がイエローゴールドだとどうしてもダイヤが浮いて見え、人気がないようです。

が、それはあくまでも指輪単体で見たときのホワイトダイヤとの相性であって、
あなたの指にはめたときの相性ではないのです。

私はダイヤが大好きなのですが、イメージコンサルティングを受けるまでは、
「ホワイトダイヤ+プラチナ」が一番だと思い込んでいましたから、
まさかそれが自分に似合っていないなんて考えたこともありませんでした。
ですが、いま思えばどの指輪も誰にも褒められたことがなかったのです。
せっかく買ったのに誰にも褒められないって、少なからずショックですよね。

もちろんいまは、手持ちの指輪は地金を金色にコーティングしてもらい、
愛用しております。よく褒められて、とっても嬉しいです。

ホワイトゴールド。なんとなく浮いていますね。安っぽく見えています。
20151118 (2).JPG
加工前

イエローゴールド。手に馴染んでいるのがわかりますか?
20151118 (4).JPG加工後 


ジュエリーは実際に指にはめて、地金の色が手に馴染むかどうかを判断しましょう。
ショーケースを眺めて「うわー綺麗」と思っても、
実際に指にはめると「あれ、なんだかしっくりこない」と感じたことはないですか?
もし、あれ? と思ったら買うのは止めましょう。
ネックレスも同じです。
その日着ている服に合わせると、あたかも似合っているように感じても、
直接肌につけると実は似合っていないこともあります。
ジュエリーの美しさに惑わされてはいけませんよ(笑)
長く愛用するためにも、自分に合うものを選びましょう。

ちなみに、ブルーベースの人はシルバー系が映えますが、
パーソナルカラー夏の人は、つや消しのシルバー系が、
パーソナルカラー冬の人は、ピカピカのシルバー系が似合います。

同様に、イエローベースの人はゴールド系が映えますが、
パーソナルカラー春の人は、ピカピカのゴールド系が、
パーソナルカラー秋の人は、つや消しのゴールド系が似合います。

左は私の指輪ですが、一部をマット加工してもらいました。右が元のもの。
左:加工後、右:加工前

お似合いのジュエリーを知りたい方、お手持ちのジュエリーが眠っている方、
ジュエリーに関することでお聞きになりたい方は、2016年1月17日(日)に
ジェエリー講座を開講いたしますので、お気軽にご参加ください。
プロの観点でアドバイスさせていただきます。
日程のご都合が悪い方は、個別に対応させていただきます。
お問い合わせは、こちらinfo@imageup.mods.jp

<関連記事>
1月17日 ジュエリー講座を開催します
ピンクゴールドは買ってはいけない
ジュエリー講座を開催しました


コンサルタント料金はこちら
HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる
資料請求・お問い合わせ・お申し込みは、こちらinfo@imageup.mods.jp
| ファッション小物(アクセサリー・色) | 09:25 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH