パーソナルデザインの考え方

当ブログにお越しくださりありがとうございます。

自分を見つける方法をお教えするイメージコンサルタントの冨山敬子です。

 

今日は私が考えるパーソナルデザインについて

説明したいと思います。

 

パーソナルデザインは約6種類あります。

(女性は6種類、男性は5種類)

これはパーソナルカラーとは違って、

明確な線引きがあるわけではありません。

例えば血液型のように、

A型の血液をB型の人に輸血したら凝固しちゃうみたいな、

そんな高尚なレベルではありません。

もっと大まかに考えていいのです。

 

パーソナルデザインを円相環にしてみましょう。

例えばキュートタイプを例に取ります。

キュートタイプとロマンスタイプは隣同士です。

キュートタイプど真ん中の人もいらっしゃいますが、

この二つのタイプに明確な線引きがあるわけではなく

ロマンスタイプ寄りのキュートタイプとか、

ファッショナブルタイプ寄りのキュートタイプがあるわけです。

キュートタイプだから、この服しか似合わないのではなく、

ロマンスタイプ寄りの服が似合う人もいるわけです。

キュートタイプ寄りのロマンスタイプだってあります。

 

 

 

こちらを大きく2つに分けることもできます。

●変わっているデザインが似合うタイプ

ロマンスタイプ・キュートタイプ・ファッショナブルタイプ

●ノーマルなデザインが似合うタイプ

ナチュラルタイプ・グレースタイプ・フェミニンタイプ

 

3つに分けることもできます。

●かっこいい系

ファッショナブルタイプ・ナチュラルタイプ

●キレイ目系

グレースタイプ・フェミニンタイプ・ロマンスタイプ

●かわいい系

キュートタイプ

 

直線的・曲線的に分けることもできます。

●直線的

ナチュラルタイプ・グレースタイプ

●曲線的

フェミニンタイプ・ロマンスタイプ

●その他

ファッショナブルタイプ・キュートタイプ

 

ああ、どんどんややこしくなってきましたね。

つまり、そんなに明確な線引きはないということ。

例えば、グレースタイプの服は

グレースタイプの人しか似合わないということではなくて、

ナチュラルタイプの人だって着れるし、

フェミニンタイプの人でも着ることができる、ということ。

なんだったらロマンスタイプの人だって

工夫すれば着ることはできます。

 

これは服だけではなく志向性にも繋がっています。

よくいう行動特性ですね。

こちらも同様と思っています。

キュートタイプは行動が早いのですが、

ロマンスタイプ寄りの人は、そこまで早くないだろうとか。

まあ、そんな感じでございます。

そのあたりについては、もう少しまとめないと…ですね。

 

とまあ、以上のように私は考えております。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

<関連記事>

パーソナルデザインの種類

 

 

コンサルタント料金はこちら
HPはこちら「パーソナルな魅力を輝かせる
資料請求・お問い合わせ・お申し込みは、こちら

| パーソナルデザイン(種類) | 22:28 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH